ウォッカの歴史

12世紀ごろからロシアの地酒として飲まれるようになったといわれているが、11世紀のポーランドで飲まれていたとする説もあり、詳細な起源は不明である。

14世紀のポーランドではウォッカで食器などを消毒したり腋や足などを消臭する習慣があった。このことは1405年のポーランド王国の宮廷の記録に残っている。アルコールで消毒や消臭をする習慣はアラビアからポーランドへの陸上交易によって伝わったものとされる。

1794年に白樺の活性炭でウォッカを濾過する製法が開発され、それ以降ウォッカは「クセの少ない酒」という個性を確立する。

1917年のロシア革命により、モスクワのウォッカ製造会社の社長ウラジーミル・スミルノフがフランスに亡命し、亡命先のパリでロシア国外では初めてウォッカの製造販売を始めた。このスミルノフの工場に1933年、ロシアからアメリカに亡命していたルドルフ・クネットが訪れた。クネットはアメリカとカナダにおけるスミノフ・ウォッカの製造権と商標権を買い取って帰国。以後、アメリカ産ウォッカの製造が始まり、アメリカは世界屈指のウォッカ消費国となる。

ソビエト連邦時代は経済の停滞・言論の不自由の不満から多数の国民がウォッカ中毒に陥った。そのためミハイル・ゴルバチョフがペレストロイカの一環でウォッカの製造を削減した。しかし国民はウォッカを求め自宅で密造をしたため効果はなかった。それどころか貴重な税収である酒税が落ち込んだことでソ連は財政難に陥った。またウォッカを密造するには砂糖が必要なため多くの商店が砂糖不足になった。

日本で初めてウォッカを製造・販売したのは、ロシア系亡命ユダヤ人のミハエル・コーガンが創業した太東貿易である。ただし同業他社が登場したのですぐ撤退、その後は輸入やアミューズメント事業に方針転換、現在はゲーム会社のタイトーとなっている。


  • 最終更新:2011-07-21 13:52:06

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード